【FX】FXや株の借金怖いところ!

今回のテーマ株やFXによる借金自己破産できるという内容です。

借金はするの

株やFXへ多額の借金を抱えてしまったどうしても返済できないという場合自己破産すれば借金返済から逃れることができます。

世間一般的にはそれはできないと認識されていますが

裁判官の裁量つまり判断によって自己破産が認められているの現状です。

このことだけはしっかり覚えておきましょうただし自己破産はだあれでもできるわけではなくっていうことも覚えておきたいです。

自己破産と簡単に言えば多額の借金をかけ自己の持っている財産性分しても借金を返すことができない場合を番ですから土地や不動産その他の財産的価値のあるものを所有しているまでそれら全て処分されてしまいます。

持っていても許されるのは当座の生活資金としの現金99万円まで株やFXで失敗したかというその借金だけチャラにできないっていうことを知っておく必要もある

ではなぜ株やFXの借金は自己破産できないと言われている。

その理由は自己破産の目的は免責を受けることです。

面積と借金を返さなくてもいいよと裁判所が認められることですですから場合によって自己破産したはいいけど免責までは認めてもらえなかったというケースもあります。

どうすると免責が許可されないのか大きく分けると4つほどあります。

許可されない理由

1つ目

まず財産の隠匿財産の隠匿とは生命保険の解約返戻金を隠すとか財産的価値の高いものを扶養に安く処分してしまったこういう場合は免責が許可されません。

2つ目

2つ目としてショッピング枠現金や新規の借入

自己破産手続き中にカードで買い物をしてそれを打ってしまった。

審査のない闇銀からの借り入れこれをしてしまうとやはりまずいです。

3つ目

3つ目として友だちからの借金を返済してしまったでへ友達くればいいんじゃないのとかっていうかもしれませんけども実はだめなんです。

お金を貸している人、債権者て難しい言葉で言うんですけども債権者は平等じゃないとダメなんです。

友達が少しでもいいからとかって言ってしまって返してしまうと平等じゃなくなりますから免責が認められません。

4つ目

4つ目として問題になっているのが浪費です。

自己破産する前に浪費したその浪費が原因で自己破産せざるを得なかったという場合もこれは免責許可されません。

パチンコなのギャンブ、株やFXは該当します。

今回の株やFX自己破産ができるっていう内容と若干今のところかぶるんですが現実的に盟友石や強化されないっていうかほとんどありません。

免責がおりないようなことをしても自己破産な認められないということは個人の場合ほとんどありませんなぜな自己破産は個人を再生する目的の法律だからです。

それが例え株やFXの損失だとしてもわざと負けるようなことをしていると考えられないから結果的に負けた損失を出してしまうと判断できるんです。

ただし裁判官の心証を悪くするような態度はやめましょう

免責を認めるかどうかは裁判官の考え一つです。

裁判官に今後の生活態度どのようにするのか説明する機会があります。

その際これからは人に迷惑をかけることなく現金主義で生活すること約束しますと宣言してください。

おすすめの記事