【FX】FXで負けない方法論!!

FXで負けない方法論とはFXで勝つ為にはといった記事はネットを見れば膨大な数が存在します。

誰しも稼ぎたいと考えてFXを開始するので当たり前と言えば当たり前ではFXで負けない為には何が必要かご存知でしょうか。

今回はFXで負けない為のノウハウをお伝えします。

負けないためのノウハウとは?

FXで負けない方法は存在するのかそもそも損失=負けという認識を無くす勘違いをしている人が多くいるかと思うので先に申し上げておきます。

損失を出すこと負けではありません。

マイナスが出てるんだから負けは負けだろうと聞こえてきそうですが違いますしっかりリスク管理をした上での勇気ある撤退いわゆる損切りと考えればそれは一概に負けとは言えません。

究極の負けは退場。

様々な理由から資金を減らしてしまったり急激な相場変動に巻き込まれてしまったりFXを退場する選択肢しか選べない。

状況まで追い込まれた時こそが本当の負けなのではないのでしょうか。

ではそんな退場を避ける為にしておくべき事を見ていきましょう。

FXで負けない為にしておくべき事とは退場に追い込まれないように普段から心がけておくべき事とは一体なんなのでしょうか。

負けた時の対処法を決める自分の予測とは反対に相場が動いて含み損が出てしまった際の相場から撤退するタイミングを決めておきましょう

いわゆる損切りのタイミングです。

FXで負けない為には一番重要と言えるでしょう。

もちろん逆も同じで利益が出た際の利益確定のタイミングも決めておいてください。

次の勝てるチャンスを待つ損失決済をした場合に焦って失った損失分の資金を取り戻そうとして無理にトレードを行ってはいけません

たとえ損失決済をしたとしても直後に取り返そうなどとは一切考えずに次のトレードを行うチャンスを待つ方が賢明でしょう。

そして勝てると思えるチャンスに出会った場合、再びエントリーしてポジションを持ちそこで利益を得るべきです。

FXでは負けないは大事ですが取り返すは危険です。

負けても熱くならずにその都度冷静なトレードを心がけましょう

根拠のないポジションを持たない常にポジションを持って売買を行いたいという人も多くいます。

がそれは危険ですしっかりとした根拠を持って勝率の高い相場でポジションを持つことがFXでは重要です。

一時は勝てても長い目で見ると損失を出すことになってしまいがち根拠のないポジションは負けの大きな要因の一つです。

他人になぜこのポジションを持っているかを説明出来るレベルが理想と言えるでしょう。

まとめ

FXで負けない方法についてをお送りしました。

FXにおいて100%負けないまたは100%勝てるというものは存在しません。

どんなプロトレーダーでも多少の苦い思いはしているものです。

可能な限り負けをプラスに持っていく作業が必要になります。

負けと捉えるのではなく検証材料を得たと捉えても良いでしょう。

自分のトレードを落ち着いて振り返るチャンスです。

負けない為のポイントは適度なレバレッジと損切り注文の2つです。

小さい負けを繰り返してじわじわ資金がなくなったという話はあまり聞きません.

やはり負ける時はガツンと負けてしまうようです。

この2つのポイントに気を付けていればFXで負けないことに繋がると言えます。

適度なレバレッジの取引と損切り注文は必ず入れるということです。

おすすめの記事