FXレバレッジは危ない?初心者が持つ疑問点解説!

今回はFX初心者の疑問解決編ということでレバレッジとリスクについて説明していきたいとおもいます
よくFXをこれから始める方や始めたばっかりの方でこのレバレッジに関する質問を結構を受け付けます。

例えば「FXはレバレッジが25倍なんでかなり危険ですよねとか」、「レバレッジ5倍10倍って自分で何か設定するんですか」とか「レバレッジ3倍で取引するってそもそもどういう意味ですか」とかですねこういう質問って実は非常に多いんです。

この背景にはですねそもそもレバレッジ関する正しい理解ができていないということがあります。

レバレッジとは?

まずそもそもレバレッジとは何かというとこれは一言で説明すると預け入れた資金よりも大きな金額を取引できる仕組みのことこれをレバレッジと言います。

例えば今あなたが10万円の資金をFX会社に預けましたと普通であれば投資っていうのは自分が持っている金額だけの何か商品を買ったりするのが普通の投資ですけど、このレバレッジっていう制度を使うことによってFXでは日本のFX会社で最大25倍までレバレッジが使えますので250万円分の取引を行うことができます。

これはよくFX会社のホームページとかネット上に書かれている情報なんでここまではご理解いただけると思います。

ただこの説明だけだと「じゃあ毎回25倍取引しなきゃいけないんですかどうか」、「あと5倍10倍もし取引したかったら自分で何か設定をする必要があるんですか」っていう疑問が残ってしまうと思います。

ここの説明する前にまず最初に抑えておかなければいけないポイントとしてFXの最小取引量というものを抑える必要があります。

FXでは一般的に最小取引量まつまりいくらから取引できるのかっていうのが決まってるんですけど、これが一般的に10000通貨もしくは1000通貨この2つが今主流になっています。

これ株とかも同じだと思います。

例えば100株単位で取引できるとか1000株単位で取引できる1000株で初めて取引できるとかそういうこの最定取引量っていうのがあると思うんですけどFXも同じでその単位が決まっているわけです。

ここでじゃあこの10000通貨とか1000通貨ってそもそも何だと思われる方もいらっしゃると思うんです。

例えば今$円ですねトレードをすると取引をすると仮定して今為替のレートが1ドル100円とします。
そうすると基本的にこの10000通貨とか1000通貨っていうのは外貨の部分にあたるんで、もし1万通貨の取引をするということであればこれ10000米ドルの取引をするということなんで10000万米ドル×100円をすると100万円分の取引をするということになります。

1000通貨の場合も同じですね1000通貨×100円をしてあげると10万円ということになります。

もしレバレッジという制度がなかった場合どうなるかというと、FX会社の最小取引量が1万通貨のところであれば最低100万円の資金が必要になってきます。

1000通貨であれば10万円の資金が必要になってきます。

ただこのレバレッジというのがあるので必要な資金がこの25分の1になるということです。

なので1000通貨100万円であれば÷25をしてあげて4万円あれば取引ができます。

1000通貨10万円の時は4000円あれば取引ができるということになります。

つぎにこの最小取引量を抑えた上でレバレッジの計算式を見ていきたいと思うんですけれどもレバレッジの計算式は今説明したとおり下記の計算式で算出されます。

取引金額÷預け入れ資金を=レバレッジ

になります。

例えば具体例を入れて見てみますともし今4万円の資金をFX会社に預けて100万円分の為替の取引でFXの取引をしたとします。

そうすると100万円÷4万円でこの時のレバレッジっていうのは25倍というようになります。

最大レバレッジは25倍までなんでこの100万円超の取引はできないということです。

今度は預け入れ資金を4万円じゃなくて10万円入金しましょうと10万円入金して100万円の取引をしたとします。

この時のレバレッジっていうのはこれは100万円÷10万円で10倍になります。

十分同じようにですねじゃあ今度は100万円を預けて100万円分の取引もできるわけです。

はい何でかって言うのさっき説明した通り最小取引量というのはあるんで最小取引量の取引以上の取引だったら自由にできます。

そうするとレバレッジは一倍です。

もっと言うと200万円を預けましたと200万円を預けて200万円以上の取引をしなきゃいけないことはないので最初取引量以上であればいいので200万円預けて100万円分の取引をすることもできるわけです。

その時レバレッジはいくらになるかというと0.5倍の取引をしているということになります。

まとめ

では以上をまとめていきますとレバレッジっていうのはあ付入れた金額以上の取引が可能な仕組みのことをいいます。

そして計算式は取引金額÷預入金額で計算できまして例えば取引金額=預入金額つまり預けた金額分だけの取引をするということであればレバレッジ1倍でこれはですね外貨預金と全く同じ取引を知るということになります。

FXはリスク管理をしっかりと行うことで魅力的だ資産運用の手段となり得ると思います。

おすすめの記事