FX海外業者の危ない?危なくない?

海外業者の一部は金融庁の認可を受けていないというのはどういうことなのか、結構気にする方多いと思います。

違法なんじゃないかみたいな感じで実際に何度か質問もいただいたことがありますので軽く触れておこうと思います。

まず単刀直入に言うと金融庁の認可のないFX業者の口座を使ってトレードすることであなたが法的に罰せられることはありません。個人がトレードすることは違法でもなんでもないっていうことです。

一応海外業者を違法とする根拠としてはこの金融商品取引法に違反するということなのですが、この文言だと「登録なしで金融商品取引業を行ってはいけない」ということになるので、その違法で金融商品取引業を行っている業者と取引をする個人への罰則というのは存在しないわけですね。

しかし個人に罰則はなくても業者側には違法性があるのかと考えるかと思うんですが、ここに関しても実はグレーゾーン止まりなんです。

そもそも「海外」業者なのですから海外業者の拠点は日本にはありません。最近の先進国では日本と同じようにレバレッジ規制がある国がほとんどですからこういったハイレバを提供する業者は規制のない国に拠点をおいて活動しています。

例えば3本陣に人気の高い入れば業者のXMなんかはアフリカの近くの島国であるセーシェルに拠点をおいて金融庁に認可を受けて活動しています。海外にいる相手に対して日本の法律で取り締まる事は無理なんです。法律は原則としてその国内の領土にのみ効力があるわけで日本の法律で海外まで取り締まれるわけではありません。

だから現実的には日本の金融庁が海外業者を取り締まるというのは不可能です。

海外業者が日本で大々的に営業を行うなど、日本で金融商品取引業をした場合は取り締まることも可能かもしれませんが当然海外業者もその辺は注意しながらアフィリエイトなどweb上での広告で宣伝するのに止めているとは思います。このやり方だとやはり日本としては何もすることができないわけです。

ホームページにも一番下に小さく「XMトレーディングは日本金融庁の監視下にはないため金融商品提供やサービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません」というような注意書きがなされています。

しかし当然日本側も黙ってやられるわけにはいきませんから

  • ・金融庁のホームページには海外業者の勧誘に気を付けて下さい。
  • ・海外業者絡みの金銭のトラブルがた外しているから注意してください。

という声明を出してはいます。

「トラブルが起こったとしても一切責任を取れません。それが嫌だったら黙って私たちが認める業者を使ってください。」というスタンスです。

さらに危機感をあおるためにホームページに違法という言葉まで使っています。こんな捉えようによっては自分が捕まるんじゃないかと勘違いする人が出てきてもおかしくありませんからあまり正しいやり方とは思えませんが、海外業者もいいやり方をしているわけではありませんのでお互い様という形ではあります。

一応こういう声明文は既成通りにしている国内業者の目もあって出しているものだとは思います。

国内業者だってハイレバにできるならしたいくらいなはずです。それはレバレッジ規制がなければお客さんも増えると思います。

金融庁は何とか取り締まりたいのでしょうが残念ながら海外業者がよっぽどヘマをするか、日本の法律が変わったりでもしない限りは海外業者を使っていて問題が起こることはなさそうです。

しかも仮に業者が取り締められたとしても取引していただけの個人まで捕まるということはないので法律を犯すのが怖いと思っている方に関しては絶対に大丈夫だと断言できます。

ただ業者が取り締まられて入金したお金が無くなるのは怖いんだっていう場合は確かにある程度のリスクは受け入れなければいけません。とはいえそんなことを言い出したら国内の業者だって取引に不正があったなど、取り締まられたりとかいう可能性もあるわけでどこの業者を使ってもある程度のリスクはあります。

そういった時のためにも顧客分別金信託を導入している業者を選びましょう。

一応今まで海外業者を使ってきて特に大きな問題が起こったこともなかったし違法性がないというのも調べて知っているからこそ最近のsnsなんかでよく見る実情知りもしないのに海外業者=悪と決めつけるような風潮がなんとなく気持ち悪くてせめて実際の状況というのを知っておいてもらいたいわけです。

レバレッジも業者選びにおいて非常に重要なファクターでありかつハイレバ業者も選択肢に入れても大丈夫だよというのはわかっていただけたかと思います。

おすすめの記事