FX初心者によくある買ったら売ったら上がる‼2つの理由

始めに

今回は自分が買った瞬間に下がるもしくは打った瞬間に上がるというほとんどのトレーダーが経験しているこの現象について
学んでそもそもこういった目に遭ってしまうのかということについて説明をしていきたいと思います。

原因

この原因なんですけどもはっきりと言ってしまいますとエントリーをするタイミングが完全に間違ってるんです。
なので自分が勝った瞬間にレートが下がったり売った瞬間にレートが上がったりするという目にあってしまうということでなんです。

例えば上昇トレンドであれば買いから入るというのは基本中の基本でいいと思うんですけども例えば上昇してその上昇しているところに乗っかって買ってしまうということは追っかけ買いと言うんですけども自分が買った瞬間が実はその短期的なトレンドの天井で、すぐにレートは下がってしまうと中期でこの下げに耐えることができればいいんですけど、結局あの自分が買った瞬間にレートが下がって耐えられずに、そこで損切ってしまうと自分が切ったあとすぐにレートが上がってそのまま持っておけば良かったことに、これは買うタイミングが悪いんですよね。

次の理由としては早すぎるブレイクアウトのエントリーということで、例えばこれを一つの例ですがこのブレイクアウト戦略っていうのはレンジでブレイクした瞬間をとらえてエントリーする非常に代表的なトレード手法ではあるんですがただブレイクアウトっていうのは結構判断が難しいです。というのも自分がチャート上に引く線は必ずしも世界中のトレーダーが見ている線とは一致しないケースはあります。

それはなぜかというと人それぞれ使っているチャートとソフトが違うからです。それに加えて必ずしもその全トレーダーが同じ線を見ているとは限らないということです。その線を全く見ずに為替の取引をしているとプレイヤーはもちろん為替のマーケットにはたくさんいますのでそのブレイクが本当の重大なレンジのブレイクなのかというのを見極めるというのは結構重要になってきます。

例えばブレイクアウトしたポイントもしくは第2波のですねブレイクアウトとしてブレイクアウトした後結構な確率でこのリターンムーヴと呼ばれる戻りがあります。この戻りを見てもどりが終わって再びブレイクアウト方向の方にレートが動いた瞬間をねらって第2波を捉えてエントリーするというこの2つがエントリー手法としてあるのかなと思います。自分の中にトレードのルールというのを作るというのはかなり重要になってきます。

相場の値動きというのはどんな場合におきましてもこの N字形かもしくは逆N字形に分けることができると言われています。

上昇トレンドの場合はもちろんこのN字形がずっと続いているということですし、下降トレンドの場合はこの逆N字形がずっと続いています。

この2つのこのエッセンスで2つしかないのでこの形を見て自分がどのポイントでエントリーをするのかルールを自分の中で確立するという事が必要になっていきます。
上記で説明しました通りもしそ自分が買った瞬間にレートが下がるとかもしくは打った瞬間にレートが上がるというようなことがで頻繁に起きている方の場合は今一度ですね自分のエントリーポイントトレードルールを明確化するということをやるとかなり効果あるのかなと思います。

良いタイミングとは

買うタイミングとしてはレートが上昇トレンドが形成されていて上がって下がって押しを作った場合ですねこういうところでやっぱり入るべきだと思います。

売りの場合も同じように下降トレンドで売りで入るのはいいと思うんですけどその下がってる場面を見てそこで入ってしまいますとそのものにつかまってしまうリスクがあります。捕まって耐え切れずに損切ってしまうと自分が損切ったあとやっぱりレートはもとに戻ってきてそのまま持っとけばよかったということになってしまう。

追っかけ買い、追っかけ売りをしていないかどうかというのを自分が買った瞬間に下がったり売った瞬間に上がってしまうということが頻繁に起きている人は今一度自分のトレードの仕方を確認していただければと思います。

なので買いのポイントは追っかけて買うのではなくてその後下がった押しを狙ったポイントで買うかもしくは直近の高値を抜けたポイントでエントリーするということが重要になってきます。

売りの場合も同じように追っかけてここで運ではなくてその後戻りを待って再び下落する瞬間をとらえてエントリーするともしくは直近安値を受けた瞬間にエントリーするというようなルールをつくっていくということをするだけでトレードの勝率利益率というのは格段に良くなってくるのかなと思います。

以上が買った瞬間にあのレートが下がるもしくは打った瞬間にレートが上がるという理由とそれを回避する方法となります最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめの記事